読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Machida Hiroo

ライター&シナリオライター・町田広尾のサイトです

映画『植物図鑑』感想(ネタバレ)+高畑充希のおすすめドラマ&映画8選

f:id:machidahiroo:20160601020034j:plain

高畑充希ファンのマチダとしては、観ないわけにはいかない! ということで公開初日に観てきました。

 高畑充希&がんちゃんこと岩田剛典ファンにはうれしい作品ですが、物語的にはどうかな? と思う箇所多数。ちなみに原作は未読です。 胸キュンムービーつながりで『オオカミ少女と黒王子』も観ました。とってもイイ映画でしたよ。感想はこちら。 

machidahiroo.hatenablog.com 

 

あらすじ

東京で一人暮らしをする23歳の河野さやか(高畑充希)は、仕事もプライベートもうまくいかない、孤独な日々。ある冬の日、アパートの前でお腹を空かせて動けなくなっている男性・樹(岩田剛典)に「俺を拾ってくれませんか?」と言われ、家に連れ帰る。そして そのまま同居生活を始めるが……。

物語には問題あり

※以下、ネタバレあります。

まず物語の始まりである「樹を拾って帰る」というところが、あまりに唐突で。たしかにこういう設定ってよくあるのでいいんですけど、どう考えても東京で一人暮らしをしている若い女子が、見ず知らずの男をあっさり家に連れて帰るなんてことはなかなか考えづらい。

なのに家でご飯を食べさせ、シャワーまで貸して泊まらせたあげく、「このままうちにいなよ」と言うのは……。まあその日のうちに関係を持っちゃって「付き合おう?」というのならわかりますが(そんな経験ないのでホントはわからない)、ただの「同居人」として一緒に暮らすというのです。

「さやかが仕事でも家族の間でもうまくいかず、孤独を抱えているから」という理由からなんでしょうけど、冒頭にさらっと描いてあるだけなので弱い。これじゃただの無防備すぎる女にしか見えない。もっと彼女の生活を丁寧に描くとか、慎重に進めてほしかったなあと。冒頭でいきなりつまずいて物語に入り込めなくなってしまいました。 

植物図鑑 (幻冬舎文庫)

植物図鑑 (幻冬舎文庫)

 

とつぜん姿を消した「秘密」に期待したけど

樹からの申し出から「半年間」という期限付きで一緒に暮らし始めた二人は、河原や土手で、フキやナズナといった野草を取って来ては料理をし、仲をはぐくんでいきます(このあたりで、だから『植物図鑑』なのね、と納得)。

いろいろあって二人は同居人から恋人同士になるのですが、樹が言っていた「半年」が過ぎたとき、彼はとつぜん姿を消してしまいます。さやかは「以前のような暮らしに戻っただけ」と自分に言い聞かせますが、彼のことを忘れられない。

ここまでで「なぜ半年間だったのか。なぜ姿を消したのか。その種明かしで驚かせてくれい!」と思っていました。その謎は彼がいなくなって1年後、さやかの元に樹から1冊の「植物図鑑」が届くことで判明するのです。 

植物図鑑 運命の恋、ひろいました オフィシャルブック

植物図鑑 運命の恋、ひろいました オフィシャルブック

 

彼は植物の写真を撮るカメラマンになっていました。その「植物図鑑」の出版記念パーティから帰ったさやかは、いつかのようにアパートの前にたたずむ樹と再会します。樹になぜ消えたのかと尋ねるさやかに、樹は「人生に悩んでいたとき、さやかに出会って、中途半端な自分でいられないと思った。今の俺があるのはさやかのおかげだ」と答えます。

樹が戻ってきてうれしいさやか。二人は抱き合い、キスをして……って、え? 秘密ってそんなことだったの……。別にわざわざ何も言わずに去るような理由に聞こえないけど。むう。

二人はその後結婚をして、幸せに暮らすのでした……で、終わり。エンディング主題歌、Flowerの『やさしさで溢れるように』(JUJUのカバー)がやけにいい曲だなあと思いつつ、劇場を後にしましたよ。 

やさしさで溢れるように(初回生産限定盤)(DVD付)

やさしさで溢れるように(初回生産限定盤)(DVD付)

 

がんちゃんこと、岩田剛典ファンはキュンキュンでしょう

ここまで物語としての不満を書いてきましたが、樹役の岩田剛典(三代目J Soul Brothers、EXILE)のファンは、彼のやさしい笑顔(かなりアップ率多し)を観られます。

彼をかっこ良く、魅力的に撮ろうというのはかなり徹底していて、場面によってはちょっと恥ずかしくなるほど。

後ろの席の女子は恥ずかしさに耐えられなくなったのか、声に出して笑っちゃってましたよ。おいおい。彼はいわゆる「犬顔」ですね。「俺を拾ってくれませんか?」というセリフがやけにはまっていました。

高畑充希のうまさ

高畑充希は安定ですね。やっぱりうまいです。そこは裏切らない。最近ではどちらかというと、性格の強めな役が続いていましたが、本作ではどこにでもいるごく普通の女子を好演しています。

岩田剛典、高畑充希二人のシーンがほとんどなので、彼女のファンとしてはたくさん観られて、その点ではまあ良かったなあと思います(やはりアップ率多め)。

キャストのファンの方はどうぞ

ということで、公開初日に鑑賞してのレビューでした。物語のつくりには難ありですので、岩田剛典、高畑充希を観たい! という方はどうぞ。マチダだって、どんなに止められても高畑充希が主演なら観に行くからね。(町田広尾) 

 

高畑充希のおすすめドラマ&映画8選

高畑充希「神楽坂」(新装版)

以上、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の感想でしたが、本作の主演である高畑充希は、数多くの作品で優れた演技を見せています。

『植物図鑑』や現在放送中の『とと姉ちゃん』で彼女が気になっている方もいるでしょう。そこで、高畑充希出演作のほとんどを観ている僕、マチダがおすすめの作品を選びました! 

選考基準は「高畑充希が魅力的、かつ作品としても面白いもの」です。全8作品。それではどうぞ。

8位 女子ーズ

「女子ーズ」Blu-ray 片手間版

『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一脚本・監督の特撮ヒーローものコメディ。ひたすらに笑える、くだらないさ(ほめてます)。のちに『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で素晴らしい共演を果たした有村架純とこんなところでくだらない共演(ほめてます)をしているのです。

コメディは役者の力量を問われると言いますが、「貧乏女子イエロー」をなんなくこなす彼女を観て、高畑充希は芸達者な女優なのだと痛感させられます。

出演 桐谷美玲/藤井美菜/高畑充希/有村架純/山本美月

7位 東京センチメンタル

東京センチメンタル Blu-ray BOX

吉田剛太郎主演。55歳の和菓子職人・久留里卓三が毎度、女性に恋してフラれるという『男はつらいよ』的展開の恋愛ドラマ。彼女は舞台となる和菓子屋のアルバイト店員・あかねを演じています。女に弱い卓三にドライ&クールに対応するという毎回のやりとりがクセになる。

第6話では番外編的な扱いで、あかねの恋物語が描かれるのですが、この回は必見。いつもクールなあかねが、30過ぎても夢を追う、ちょっとダメな男に恋してトキメキを隠せない。そんなごく普通の女の子を好演して、この高畑充希のかわいさは絶品です。

出演 吉田剛太郎/高畑充希

6位 Q10(キュート)

『Q10』DVD-BOX

佐藤健、前田敦子、高畑充希、池松壮亮と今や日本のドラマ&映画界を担う若手キャストたちが一同に介していた青春ドラマ。河合さんという内気な優等生という役どころ。2010年の作品ですが、この頃はまだおとなしめの役が多かったですね。

彼女の出番は多くはありませんが、人気脚本家・木皿泉がつむぐ物語はホントに素晴らしい。木皿作品つながりだと、高畑充希は2007年の『セクシーボイス アンド ロボ』では「みつき」名義で主題歌を担当しています。 

出演 佐藤健/前田敦子/蓮佛美沙子/高畑充希/池松壮亮

5位 とと姉ちゃん

連続テレビ小説 とと姉ちゃん Part1 (NHKドラマ・ガイド)

平均視聴率は毎週20%超え(2016年5月30日現在)と絶好調の、高畑充希初の主演ドラマ。出版社「暮しの手帖社」を立ち上げた大橋鎮子をモデルにしたヒロイン、小橋常子を演じています。出演作が続き女優としての風格も出てきた彼女には、こういう自立した女性がピッタリとはまりますね。

少女時代編の「どうしたもんじゃろのぉ」は正直ちょっと浮いてるような気がしましたが、これからはまってくることを期待。まだ放送中ということで評価が定まっていないので、この順位にしました。

出演 高畑充希/木村多江/向井理/相楽樹/杉咲花

4位 ごちそうさん

連続テレビ小説 ごちそうさん 完全版 ブルーレイBOX1 [Blu-ray]

「高畑充希」の名を一躍世に知らしめた、彼女の出世作。本作で高畑充希を知ったという方も多いでしょう。演じたのは、主人公・め以子が結婚した西門悠太郎の妹・希子。内向的な性格でまったく口も利かなかった少女が、次第に一人の自立した女性に成長していく姿に胸を打たれます。

脚本家・森下佳子が、高畑のミュージカルを観て触発され書いたという「焼氷有りマスの唄」は必聴。このシーンはホント、泣けます。希子、成長したなぁとまるで親気分になる。

出演  杏/東出昌大/高畑充希

3位 問題のあるレストラン

問題のあるレストラン Blu-ray BOX

ドラマ界の王者(とマチダが思っている)坂元裕二のオリジナル脚本で描く、社会派コメディ。それまで優等生的な役が多かった高畑が本作では「巻き髪キラキラ系女子」に。

彼女のメイン回となる第5話では、男性社会で揉まれる女性の苦しみをはき出す、長ゼリフがあるのですが、これがもう圧倒的。完璧。うますぎ。思わず「すごい!」と拍手する。このドラマには他にも若手実力派の二階堂ふみ、松岡茉優も出演していて、この二人もめちゃくちゃ良いです。

出演  真木よう子/東出昌大/二階堂ふみ/高畑充希/菅田将暉/松岡茉優/臼田あさ美/安田顕

2位 いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう DVD BOX

『問題のあるレストラン』に続き、ドラマ界の王者(とマチダが思っている)坂元裕二脚本のラブストーリー。このドラマのオファーを受けたとき、彼女はすでに『とと姉ちゃん』の撮影とカブることはわかっていましたが、「坂元さんのドラマなら絶対に出たい」とかなり忙しいスケジュールのなか撮影に臨んだらしい。

演じるのは主人公の練(高良健吾)と付き合いながらも、一方で会社の上司と不倫関係にある木穂子。『問題のある〜』からさらなる進化を遂げ、複雑な心情を計算と情熱で表現していて、目が離せない。高畑メインの第4話、ラストのセリフ「木穂って、わかると?」に泣く(意味を知りたい方はぜひ観てね)。

出演  有村架純/高良健吾/高畑充希/西島隆弘/森川葵/坂口健太郎

1位 煙霞 -Gold Rush-

連続ドラマW 煙霞 -Gold Rush- [DVD]

『いつ恋』と非常に悩むところですが、「高畑充希」という基準で選ぶとなると、ぜひおすすめしたいのが『煙霞 -Gold Rush-』。直木賞作家・黒川博行原作のアクションサスペンス。

彼女は主人公・熊谷(森山未來)と共に、ある金塊の行方を追う教師・菜穂子を演じています。本作は大阪を舞台に、メインキャストは大阪出身者だけで揃えたというこだわりよう。大阪出身の彼女も全編ばりばりの関西で、森山未來演じる熊谷とのセリフのやりとりは気が利いてて面白い。

ほぼ全編出ずっぱりなので「高畑充希を観たい」という人にはまずおすすめです。たばこをガンガン吸ってるレアな姿も。ちなみに本人はデビュー10周年のワンマンライブのときに「ネットで検索すると『高畑充希 たばこ』って出てくるけど、吸ってないよ〜」と言ってました。

WOWOWで放送されたドラマなので、観ている人は多くないのでは? 全4話とさくっと観られる長さだし、先の気になる展開が続くので、休みの日にレンタルなどで一気に観るのがいいかも。

出演 森山未來/高畑充希

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2015)

監督 三木康一郎
原作 有川浩(「植物図鑑」幻冬舎文庫)
主題歌 『やさしさで溢れるように』Flower

出演 岩田剛典/高畑充希

映画『植物図鑑』公式サイト

©2016「植物図鑑」製作委員会